So-net無料ブログ作成
検索選択

春からのお稽古検討中 [雑感]

春が近いということで、もろもろのご案内(勧誘ともいう)が来ます。
今年は年度末のバタバタが若干ですが早く終わり、すでに新年度の仕事がはじまっていて、季節感が狂っているところに、突然、年度関連の事務書類がふってきて、「あー!」などと叫びながらも、何とかお稽古の日への影響は少なく、ほそぼそと続けております。
で、世間一般の新年度が来るわけでして。
まず、普段のバレエクラスは、とりあえず続けようかな?というところです。
半年休んだポアントの再開を少し見送り予定です。
この冬、整形外科に2回お世話になり、1つは治ったのですが、もう1つは長いおつきあいとなりそうなので、少しだけ様子見します。
人並みの加齢ですね。
あたたかくなれば、多分、大丈夫。
夏の復活の可能性はありです。
そのかわり、不定期だったバーオソルのクラスをきちんと受講しようかと思ってます。
バレエを知っているかたには通じる言葉だと思いますが、バーオソルとは、いわゆるフロアバレエ、寝そべって行うストレッチなどのことです。
ケガした時期に少し受講して、ややはまり中です。
やわらかいプリエとアンディオールができていれば、ケガの危険要素も減るはずなので、ゆっくりと、あちらこちらほぐそうかと思っています。
長い休憩中の英会話も検討中です。
都合のいい場所と時間帯のを見つけたものの、「初級」というレベル設定が不明なので、近く問い合わせ予定です。
「初級」がbe動詞って?からのところもあれば、「初級」は「入門」や「基礎」の上で、TOEIC狙っていたりするところもあるので、勝手に判断すると失敗します。
まずは問い合わせと体験レッスン
私自身がしばらく英語使ってないから、レベル落ちてますしね。
ホットヨガは…この前、会社に来た「ご案内」についていたタオル貸出無料チケットを捨てられない私…。
ものすごい「ご無沙汰」なのに、「やめた」とは言いたくないのですね。
結局、お稽古事、好きなんだなぁと改めて思う春です。

あけましておめでとうございます [雑感]

昨年末の踊りおさめも年明けの踊り初めもしていない(いつもいくオープンクラスにいっていない)というイレギュラーな年越しでした。

いこうかなぁ?と思ったら、年末、朝、足がつって目覚め、その場所が11月にいためた場所だったんで、ちょっと慎重になったといったところです。

なおっているはずなのですけれどねぇ。

 その足をいためていた時期に、ちょっとバーオーソルにはまってみたり。

 寒いので、皆様けがに気をつけて。

年度末のバタバタが過ぎたら、バーオーソルのこととか書いて、ほかのお稽古も何とか…と思ってはおりますが、年をとってくると、仕事もお稽古も動きが遅くなるうえに、仕事ではやることが増えていくという気がします。

昨年後半は、何年も死守してきた「最低週1バレエ」が、またも守れませんでしたので、今年こそは頑張ってみようと思います。

とりあえず、来週からですけど(笑)。


10月になってました! [雑感]

新学期!なのです。
ああ、また1年が…
まる何年かを数えるのはやめて、とりあえず続けることに意義がある!と思い込みたいというところです。
バレエは変わらず続けてます。
ちょっと前にポアントの加工にも、また挑戦したので、それもそのうちに。
真面目に探していた英会話教室は、地震から何となくトライアルの連続を中断してしまい、数回、英会話カフェに行ったくらいです。
再び、トライアルをはじめようかな?と電車内の広告を見ると考えます。
本当にご無沙汰なのがホットヨガです。
会社の引っ越しで近くなったので、ちょくちょくスケジュールと相談しているのですが。
オバサン、体力は落ちるのに、仕事はヤマで、最近、困ってます。

ダンシング・チャップリン [雑感]

草刈民代さんのラストダンス収録の映画です。
映画作品としての評価は、私にはよくわからないのですが、多分、周防さんじゃないと、撮れない作品だったとは思います。
バレエを知らない人にとって、わかりやすい「スゴイ」動きよりも、さらりとやるのは、相当キツい、それができるなんてどんな筋肉だよって動き、バレエ知らない人が映像つくると、「もうちょっと見せて」という切り方になってしまうところを見せてくれます。
クラスレッスンの5番に入れてクペ、ポアント履いてやわらかく動く足裏―すごい(動きのシャープさとか、つま先のきれいさとか、動かない上半身とかは当然すごいのだけど、足底筋のはたらきがすごい!)。
一緒に行った人はバレエを知らない人で、軸足のプリエができると女性がリフトする男性を助けられると語られていたところが「?」だったそうです。
まず、「プリエ」を知らないわけでして。
パの名前知らなくても困らない展開だと思ったけれど、わからなかったという部分を、後からきいて、わかる範囲で説明すると、案外、こういう、ちょっとしたことだったりしました。
前半で使われる言語は、日本語英語以外に、フランス語と…?
ローラン・プティの語り、白い服の上に白い字幕というシーンがあります。
見づらいので、もっと前の席にすればよかった、と少し後悔。
英語は、母国語英語という人達が多くは語らないので、わりとわかりやすいと思います。
字幕が入る以外にも、「6(thポジション)」とか「ドゥバン(前へ)」など、けっこう話していることはききとれます。
字幕をただ頼るだけでなく、音もあわせてきく方が、いろんな情報が入ってきます。
周防さん自身がバレリーナではないから、プロのダンサーなら、きっと「当たり前」過ぎて、語ることも見せることもないんだろうなってことも、見せてくれます。
映像作品と舞台とで、ダンサーがする覚悟が違うなんてことも、はじめて見た気がします。

「第二幕」部分は、正直、フルで舞台で見たいです。
映画になって、手軽にはなったけど(DVDなら、止めながら見てしまいそうです)。

草刈さんのポアントはフリードだってロビーの掲示物で知りました。
深めで、細身、ソールが短めに見えました。
完全に操っているのは彼女の筋力あってこそ、だけど、かたさはどのくらいなんだろう?
リボンは意外なくらいにゆったりと巻いていた感じ、ゴムは一般的な付け方(かかと側から足首、太めのシャーリング)だと思います。
リボンもフリードかなぁ?
幅広くて、弾力あって、きっちり結べて、私、フリードのリボン好きなんですけど(色がポアントによっては全然あわないけれど)。
ロビーの掲示物の写真とポアントの本


トウシューズ パーフェクトBOOK

トウシューズ パーフェクトBOOK

  • 作者: クララ・クロワゼ
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2010/08/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 

をあわせて見ると、多分、プロ仕様って書いてあるこれだなぁ、までわかったのですが、ショップで密かに足を入れてかたさをみるなんて度胸の要ることはできていません(笑)。

私は周防監督の本も読もうかな?なんて言ってますが、

周防正行のバレエ入門

周防正行のバレエ入門

  • 作者: 周防正行
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2011/04/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 

私の同行者はじめ、劇場内、寝ちゃった人、実は多数の模様―ドキュメンタリー、台詞のない演技、あたりが苦手なかたは注意!です。
ドキュメンタリー部分、貴重なシーンいっぱいですが、プティって誰?だと喜べない映像多めらしいです。


閉眼片足立ち [雑感]

テレビでやっていたので、ちょっと挑戦。
手は腰、上げている足は、軸の足に触れないってことで、とりあえず左で立ってみました。
テレビの音のカウントをききながらスタート―余裕の1分超(ほっ)。
目をあけていれば、1分くらいできないとマズイでしょ―ヨガのバランス系ポーズが全然できないしバレエでもしょっちゅうふらついているくせに、軽く天狗?
実は目を閉じるのに自信なかったから、意外と余裕があった自分が嬉しいです。
ちなみに、これは足の筋力チェックで、1分超は20代なんだとか。
ホントかぁ?
CM中に右を軸に挑戦。
飽きて(?)上げている足を軸に触れないようにしながら、いろんなポーズもどきにもっていっていたら、3つ目のCM中に上げている足が軸に触れてしまいました。
1分いかなかったということですね。
いや、45秒いってないってことです。
足腰の筋力年齢チェックは片足だけでいいらしいけど、基本、バランスもので左右差が激しいというのは、よろしくないでしょう。
上げていた左の足はとにかくかたい私の身体の中でも、かなりにかたい部分です。
右と可動域が違いますもの。
右が軸というよりも左を上げるのがダメだったのではないかな?

ちなみに
テレビが繰り返していた注意。
転ぶと危ないので、周囲の安全を確保して、ダメならすぐに足をおろすつもりで、絶対に頑張らないこと。
自信のない人はすぐに手をつけるようなもの(壁など)を近くに確保したうえで挑戦を、とのことです。

軽いスクワットと片足立ちは、老化防止にいいのだそうで…プリエ(やたらに姿勢のいいスクワットと言えません?)やって、パッセやらアティテュードやらアラベスクやら(どれも片足)やるバレエって、これからの時代、オバサンやオバアチャンに必須のお稽古になるかも…?

典型例か? [雑感]

宅ふぁいる便というサービスを利用しているので、会員向けのメールが届きます。
で、習い事についてのアンケートが載っていたので、ちょっと真面目に読みました。
私、典型例か?と思えて。
http://c.filesend.to/plans2/ranks/body2.php?dalist=20100701_1

バレエリフレッシュ健康のために習っていて、英語レッスンを受けていて、リフレクソロジーを習いたいと思っている…PCスキルには興味アリ、女性会社員、レッスン頻度は週1プラスアルファ

お稽古事が複数ってところが多数派ではないくらいでしょうか。

別に流行を追ったわけではないし、特に変わったことをしたかったわけでもないですけど、典型例になるってことは、要は手軽なことをやっているのでしょうね。

新学期 [雑感]

バレエに進級者あり。
続けてほしいものです。
英会話、ちょっと現実味のない旅行の話がもちあがって、案の定消えまして、モチベーション維持が…。
i-pad発売のニュースのインタビューが半分くらいしかききとれなかったのが悔しい、とか、ウッズのしゃべるのも、原稿をゆっくり読むのなら何とか…だけど、会話っぽいとキツいのは、私の実力不足よね、とか。
ホットヨガ、行きたいのですが、最近、バレエの基礎クラスにすら、ろくろく行けていないので厳しいかなぁ?
もっと厳しいリフレクソロジー。
候補を2つくらいに絞りつつも、値段と時間と本気度(ほとんどのスクールサロン開業や提携サロンで働けるというコース設定)、カリキュラム(なのに案外と解剖学的な基礎軽視?と思えるスクールも)のバランスが…施術受けてよかったところじゃなきゃ、とも思いますから、選ぶのにも時間とお金がかかります。
実はPCも本当は習いたいのです。
Excelの関数もグラフも自己流だし、データベースソフトもバージョンアップについていけてないし、連携とかになると、手作業範囲が増えて、自分しか便利に使えない半端なファイルが量産されてしまうのです。
あと昔習ったっきりのアドビのソフトも、今のバージョンで普通に使う程度には…とか思いますけど。
そして。
本当はじっくり習ってみたいのが、ビジネスマナーです。
この時期、講座の案内が多くて、目を通すのですが、研修用の平日プログラムばかりでして。
社内の上の人には、創業メンバーがいたりして、電話も手紙も「これでいいの?」的なことが通る小さな会社で働いていると、後輩の電話対応に「ん?」と思っても自信のもてない自分が…。
その都度、ネットや本で調べていますけど。
ま、もっとテキパキ仕事して残業減らせって言われていますから、本当は仕事の効率を上げる方法を何か(速読術とか?)習う方がいいのでしょうけどねぇ。

まだ何か習う気? [雑感]

チラシを分けて捨てながら、「お稽古特集だ」とフリーペーパーを残したら、言われてしまいました。
目を通して、近いバレエオープンクラスとか、 バレエや英会話の安い体験レッスンとか、ヨガスタジオリフレクソロジーの情報とか、ほしいものがあれば…程度の気持ちで、何か…とまで漠然とはしていないのですが。
習うのも勉強するのも楽しいじゃない?
と言ってみたら、やっても無駄とは思わないの?―さすがに、興味も必要もないことは学びませんが…?
できそうだと思っていることだって、きちんと習いたいことはたくさんあるし、時間とお金が許せば、学びたいことはまだまだあります。
身につかないかもしれない不安はありますが、バレエ以外は、そんなに突飛ではないと思う―バレエだって、何か動かないとまずいけど、スポーツ苦手、だから、子どもの頃にやったことのあるバレエにしたんだし。
今、睡眠時間も削って仕事!って状況で、お稽古情報なんか見ていたから、あきれられた可能性は大ですが、学ぶことに無駄なんてあるのかな?などと思ってみたり。
向かないということを実感することだってあるし。
ま、お稽古考えるのって、一種のストレス解消でもありますからね、私の場合。

お稽古行かずに [雑感]

オープンクラスの日程と相談していましたが、ギリギリで予定変更して、タイ式マッサージに行ってしまいました。
自分で動くかわりに、他人様に動かしていただくストレッチを少しばかり…疲れていたので。
で、股関節の可動域が…知ってましたけどね…左が固い!のです。
もともと身体はかたいのですが、最近、ストレッチしていて、左足の付け根がえらくかたいとは思っていました。
それが、タイ古式で、じっくりほぐされると…何これ?と当人もびっくりの左右差です。
利き手は右、利き目は左、利き足はどっちなんだろう…?
かたい分、疲れは左に集中し、バレエ以外でそんなに使うか?という内ももまで、左は張ってました。
寝そべって、ほかの人が動かしてくれる脱力ディベロッペもどき。
つま先もひざもゆるんだままだから、全然バレエとは違いますが、バレエで自分でやる域を少しこえて動かしている気もします。
この高さでつま先までのばせたらいいのに…無理ですよね…。
タイ古式のマッサージ、3店舗は試したことがありますが、職場近くのお店だけ一応リピーターとなっております。
職場移転したら、帰りに寄れない…。
高いのが難点ですね(コースが長いから仕方ないのだけど)。
たまぁにしか行けません。

明けました [雑感]

仕事はじめの前に、きっちり踊り初めでございます。
NOVAにも1コマ(50分)、リフレクソロジーの先生にも連絡。
ホットヨガだけは、スタジオの休みと私の仕事の休みがキレイに重なり行けません。
もっとも、ヨガやってバレエやったら、翌日からの仕事、体がもちませんが。
リフレクソロジーをきちんと習うかどうかを検討中です。
時間とお金が何より厳しい…。
習う人の「本気度」が高いことに納得…次のステップは気軽には受講できない金額になるのですもの。
とりあえず、年度内は保留です。
バレエに行く前に、違う業者(?)がやっている同じくヨーロッパ式のリフレクソロジーのお店を見かけて、25分のコースをやってもらいました。
少し手順が違うけど…
出た!サムウォーク
自分のに比べて、何てぴしっと気持ちいいのでしょう。
血行よくしてもらってからバレエです。
まずは仕事。
次いで、今やっていること。
とにかく、まずは年度末の仕事です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。