So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

お稽古続行 [現在のお稽古・バレエ]

突然ですが、悪性の腫瘍の宿主になってしまいました。

手術を2度ほど受けましたが、身体のなかに細胞レベルで残ってます。

ということで、抗がん剤治療です。

よくある副作用で、脱毛がやってきます。

抗がん剤スタートの「念のため」の入院のときに、ナースさんにバレエは続けていいのか尋ねてみました。

答えは、無理しない程度でぜひ続けるべき!でした。

抗がん剤の副作用で白血球や血小板の数が減るので、流血したり内出血の可能性がある激しいスポーツはダメだけど、バレエは比較的リスクの低いスポーツだし、気分転換と体力維持にいいとのこと。

手術の少し前からお稽古を休んで、すでに数ヶ月となっていた私、いろいろ考えたあげく、先生にメールで、もとのクラスに復帰したいと希望を伝えました。

本当なら、初心者クラスに行くべきかな?と思ったのですが、脱毛がきたときに、やはり長年同じクラスで見知った人たちと一緒がいいーワガママですけれど、先生も許してくださって、復帰しました。

仕事関連の人にアカウントがバレているほかのSNSには書けないから、ここにこっそり報告です。

病気がわかって以降、いくつか闘病ブログの記事も目にしました。

本当に「人それぞれ」のことが多かったのも事実ですが、自分に起きるたいていのことは、だいたい誰かが近い経験をしているのもまた事実。

ここに記すことで「事例」の1つを提供できるなら…とも思いますが、仕事ペースは超スローダウンしているし、症例の多くない腫瘍にあたってしまったゆえに予測できないことも多く、また、治療で得られる時間の分、やりたいこともやらなくてはいけないこともいろいろあり…また更新、間遠になるかもしれません(とかいっていて、すぐに書くかも?言葉にすると考えがまとまるからという、あくまでも自分のための行動として)。

とにかく、お稽古続行です。

もともとダメダメの腹筋がもっとダメになっているので、しょっちゅうふらふらしてますけど、一応はフルメニュー参加まで体力は戻ってきました。

受け入れてくれた先生と同じクラスの皆に感謝です。

完全脱線 [ちょっと脱線]

更新がないので,当然ながら,アクセスも落ちまくっていますが,それでもゼロではないので,こんなものをはりつけてみます.

http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-miharajun.html

どのお稽古とも関係ないのですが.

バレエだけは続けております(でも週1が全然キープできなくなっている…).

スポーツストレッチ的なものに,若干,はまり気味です.

 


内足が気になります [ちょっと脱線]

このCM、ところどころ、内足なのと、手がポジションを通っていないのが気になりません?

http://cp.tokyo-gas.co.jp/

(東京ガス、「ガスの仮面」)


バーオソル [現在のお稽古・バレエ]

フロアバレエ、バーオソル、ストレッチ、カンブレ(これは微妙に違う気がするけど)などなど、呼び方はいろいろですが、基本的に床に寝たり、座ったりして行うストレッチ。
子どものクラスなんかだと、バーの後、センターの前に、しっかりフロアの時間があったりする(した)ので、指導つきのストレッチの経験がまったくないわけではないのですが。
大人、それも経験者クラスだと、ストレッチは個々で…となりがちなので、以前は、コンディショニングクラスとしてフロアだけのクラスがあったオープンクラスにあえてその日を選んで行ったことがあります。
ですから、まったくはじめてというわけではないのですが、いろいろな方法があるみたいで、フロアだけのクラスでも、微妙にやることが違うようです。
今、縁あって受講しているバーオソルのクラスでは、脱力を学んでいます。
逆向きに力をかけて(開きたいときには、いったん内向きに力を使って動かすように、それを妨げる力を先生がかけて)、筋トレしつつ、そこから脱力することで(内向きの力をめいっぱい使っておいてから脱力すると自動的にぱたんと外に開く)、関節まわりをゆるめるという感じです。
ヨガでも脱力が苦手だった私です。
無駄な力が入りまくってます。
それを丁寧にゆるめていくと、普段の可動域をこえることができるはずなのです。
ただ、先生のご指導のもとだと、少しは脱力できるのですが、自分でできないのが悲しい…。
十分にゆるめると、痛くはないです。
使うのは、やはり腹筋と内ももです。
むしろ、私の場合、使わなくていい筋肉を使い過ぎていることを、先生の指摘で実感中です。
定期受講はケガがきっかけで、治るまで普段のクラスに出られなかったものの少しは動きたかったからなのですが、そのケガの防止にもやわらかい関節は大事です。
アンディオールとやわらかいプリエができるとケガのリスクは減ります。
オバサンはどんどんかたくなります。
本当に、ここ数年で、おそろしくかたくなっているのです。
マズイ、マズイ。
さて、このクラスを受けている人には、バレエをやっていない人も、逆にプロらしき人もいます。
結局、横になっている時間が大半なので、あまり人を見ないで、自分の身体に集中します。
やはり、ある意味で、コンディショニングのクラスです。
皆さん、寝そべるつもりなので、あまり、背中などのあいた服を着ていませんし、汗ばむ動きではないのでウォームアップ用のものを着ている人も多いです。
あと、シューズ不要です。
初心者のかたでレオタードやシニヨン、シューズ購入(シューズだけは買うことになることが多い)がハードルになる人は、ここからバレエに入るのも確かに一案かもしれません。
先生や同じクラスの人には、バレエを踊る人たちが多いので、いろいろ話をきけると思います。

そして誰もいなくなった [現在のお稽古・英会話]

行ってきました、2度目の「説明会」。
まぁ、何人かは来ないだろうなと思って行ったのですが…
結果、3人予約、来たのが私1人!
無料マンツーマン体験レッスン状態でした。
話が広がらないったら…。
ワンテーマで1人の経験やバックグラウンドのみでは、なかなか会話がはずみません。
私にはあんまり話題提供ができなさそうなテーマ設定(これは電話で伝えられていた)だったので、人様の話題にのっかるつもりで、むしろ、レッスンの進め方などについては質問も意見も言えるようにと思って、講座説明のチラシを英訳するなどの最低限の予習をしたのですが。
講師は前回と同じ人で、今度は会話メインという話は通っていたようです。
開き直って、いろいろしゃべったり、ふられた話題に質問を返したりして60分過ごしました。
1人だから、私が言葉をひねり出すまで、待ってはもらえるものの、あんまり表現をなおしたりはしてもらえなかった…かな?
でも、自然な形容詞はいくつか教えてもらえましたから、あの形式のレッスンとしては、そこそこよかったのかもしれないです。
何にしろ、1人では、クラス開講しませんよね、普通に考えて。
帰りに事務の人のところできいたら、あっさり、ないですねとのお返事でした。
ちょっと面倒くさくなってきてしまいました。
とりあえず、一息ついて、根性あったら、またどこかトライアルかな?と思います。
しかし…久々に60分英語のみ!だったら、本当にレベルダウンしていることがよくわかりました。
もとが低いから、ものすごい低さになってしまう…。
たまには、英会話カフェくらい行かなくては。

英語で文句をいう [現在のお稽古・英会話]

クレーマーというわけではない…つもりです。
問い合わせをして、参加した「説明会」が、ネイティヴスピーカーによる体験レッスンだったのです。
しかも、説明会は1時間との話だったのに、用事がある、と、1時間を少し過ぎて日本語で言って去った人まで出て、講師を見ると、講師は講師で「早退はいいけど、90分のレッスンをするように言われているから続ける」と英語でおっしゃる…。
あーあ、昔、レストランなどで寒いから冷房を弱めてほしいとか注文と違う料理が来たとか、失礼にならないように言うっていうレッスン受けたなぁ…などと思いながら、今日は説明会だときいてきてると言ってみました。
言い方が失礼だったかどうかなんてわかりません。
が、講師も気の毒です。
講座紹介のチラシもサイトも日本語です。
おまけに60分を過ぎていることに気づいて様子をみにきた事務の人が、英語を話さない!
とりあえず、生徒の私たちが英語できかなきゃ話が進まない!
「今日は説明会だときいてきた」には、なら、質問があればどうぞとのお返事。
それなら…と、レッスンのスタイルを確認することにしました。
チラシなどには予習可能とあったので、教材をレッスンより前に入手する方法も質問。
語彙力がダメダメな私には大事なポイントです。
チラシには教材そのものは講師が配って、コピー代実費みたいに書いてあったので、前のレッスンの最後に次回分配るのかな?と思ったら、Webと紙(紙の方は有料)での入手方法を説明されました。
うーん、伝わるように英語でクレームを言うって、難しい…。
何より、会話のクラスなのに、リーディングがメインのレッスンの組み立て、レベルや教室でのルール(日本人同士で日本語で助けたりしてもいいのか?講師はどの程度なら日本語を理解できるのか?辞書を自分で使っていいのか?など)の説明もなし。
これをテキパキ指摘する英語力は私にはないです。
ロールプレイで私と組んだ相手はかなり簡単な文法ミスを繰り返していて(多分、自分のミスに気づいていない)、日本語で助けを求めたがっていた様子でした。
講師が去った後、事務の人が、受講可能性をきくので、講座紹介と実態とがあまりに違い、「説明会」なのに説明が不十分で判断できないという内容を丁寧な日本語で(笑)言ったら、参加者一同、似たようなことを言い出しました。
話をきいたら、事務の人と講師の派遣元の人との打ち合わせでは、チラシ通りのレッスンにすることになっていて、60分の説明会であることも連絡済みだったとか。
それが講師まで伝わる間に、まず、講座のあり方がどこかへ消え、さらに90分のトライアルということに変わってしまったらしいー講座企画者!講師ときちんと英語で話しておいてくれ…。
とりあえず、もう1回、無料の説明会をやるということで話がつきました。
講座説明のチラシを英訳する暇、あるかな?
今度、話が違ったら、丁寧な英語で指摘できるといいのですが(日本語のときにも、クレームは、丁寧な態度と言葉遣いで言う方が、結局、こちらの要求が通りやすいと思いません?)
どの受講者が残って、どんなレッスンとなるのかについて十分な情報を得られるのか?
会話のレッスンはほかの受講者のレベルや話題選びも、クラスの流れを決める要素になるので、今度こそ、きちんと見極めたいと思います。

春からのお稽古検討中 [雑感]

春が近いということで、もろもろのご案内(勧誘ともいう)が来ます。
今年は年度末のバタバタが若干ですが早く終わり、すでに新年度の仕事がはじまっていて、季節感が狂っているところに、突然、年度関連の事務書類がふってきて、「あー!」などと叫びながらも、何とかお稽古の日への影響は少なく、ほそぼそと続けております。
で、世間一般の新年度が来るわけでして。
まず、普段のバレエクラスは、とりあえず続けようかな?というところです。
半年休んだポアントの再開を少し見送り予定です。
この冬、整形外科に2回お世話になり、1つは治ったのですが、もう1つは長いおつきあいとなりそうなので、少しだけ様子見します。
人並みの加齢ですね。
あたたかくなれば、多分、大丈夫。
夏の復活の可能性はありです。
そのかわり、不定期だったバーオソルのクラスをきちんと受講しようかと思ってます。
バレエを知っているかたには通じる言葉だと思いますが、バーオソルとは、いわゆるフロアバレエ、寝そべって行うストレッチなどのことです。
ケガした時期に少し受講して、ややはまり中です。
やわらかいプリエとアンディオールができていれば、ケガの危険要素も減るはずなので、ゆっくりと、あちらこちらほぐそうかと思っています。
長い休憩中の英会話も検討中です。
都合のいい場所と時間帯のを見つけたものの、「初級」というレベル設定が不明なので、近く問い合わせ予定です。
「初級」がbe動詞って?からのところもあれば、「初級」は「入門」や「基礎」の上で、TOEIC狙っていたりするところもあるので、勝手に判断すると失敗します。
まずは問い合わせと体験レッスン
私自身がしばらく英語使ってないから、レベル落ちてますしね。
ホットヨガは…この前、会社に来た「ご案内」についていたタオル貸出無料チケットを捨てられない私…。
ものすごい「ご無沙汰」なのに、「やめた」とは言いたくないのですね。
結局、お稽古事、好きなんだなぁと改めて思う春です。

あけましておめでとうございます [雑感]

昨年末の踊りおさめも年明けの踊り初めもしていない(いつもいくオープンクラスにいっていない)というイレギュラーな年越しでした。

いこうかなぁ?と思ったら、年末、朝、足がつって目覚め、その場所が11月にいためた場所だったんで、ちょっと慎重になったといったところです。

なおっているはずなのですけれどねぇ。

 その足をいためていた時期に、ちょっとバーオーソルにはまってみたり。

 寒いので、皆様けがに気をつけて。

年度末のバタバタが過ぎたら、バーオーソルのこととか書いて、ほかのお稽古も何とか…と思ってはおりますが、年をとってくると、仕事もお稽古も動きが遅くなるうえに、仕事ではやることが増えていくという気がします。

昨年後半は、何年も死守してきた「最低週1バレエ」が、またも守れませんでしたので、今年こそは頑張ってみようと思います。

とりあえず、来週からですけど(笑)。


大人バレエで初! [現在のお稽古・バレエ]

お久しぶりです。

細々とバレエだけには何とか行っています。

ブログ更新していない間に、いわゆる「新学期」が2回かな?あったものの、新人さんは現れず、ときどき体験の人がやってくるクラスで、あいかわらず落ちこぼれながら踊っております。

ポアントも年度末の嵐が去ったところで再開しました。

そして、履いていたポアントがゆるんできて、しかも、そのポアントの型が廃版だったので、またも新しいシューズに挑戦!の日々がはじまっております。

今回は、お稽古で履いた初日に実感!大きい!!

同じ型で幅違いならいけるんじゃないか…?という予感はあるのですが…。

で、大人になってはじめてマメができてむけました。それも1レッスン中に。

あっていないと、こすれるのですね。

パッドを重ねていたほうの足は無事だったので、やっぱりシューズが大きいのです。

履く時点ではマメもなかったので、テープも貼ってなかったのですが、大きなシューズに四苦八苦していてまったく気づかず、家に帰って改めて素足になって、「あれ?」となりました。

トウパッドってすごいですね。

子どもの頃、このむけかたをしたら、汗が染みて痛くてしょうがなかったでしょうに。

キズパワーパッド

バンドエイド キズパワ-パッド TM指用 2サイズ 6枚(指巻用4枚、指関節用2枚)

バンドエイド キズパワ-パッド TM指用 2サイズ 6枚(指巻用4枚、指関節用2枚)

  • 出版社/メーカー: ジョンソン・エンド・ジョンソン
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

 

 の指用を足の小指に貼っています。

靴があたるとちょっと痛いかな?

大人バレエを支えてくれるいろんな技術にも感謝です。

それにしても、ポアント、それなりにお値段のするものなので、失敗するとお財布に痛いです。

それに、私、お裁縫嫌いなのです。

買ってそのまま履けるポアントはまれなので、お裁縫が必要になります。

今回のも輸入品で、リボンなし、私の足の形だとかかとからのゴムが必要。

毎回、本気でめんどくさいです。

 


半年ぶり [現在のお稽古・英会話]

テレビから聞こえた英語がききとれないーそれはよくあることなのだけど、しゃべっていたのが、日本人だった…ヤバい!
いや、ききとれないことは多いし、日本人の英語だってうまい人のはききとれないのだけど、それでも基本的に日本人の話す英語の方が単語の1つでも、catchしやすいものだと思っています。
街で会話が耳に入って、何で片方の人の英語ばかりききとれるのかな?と顔を向けてみたら、見た目で、日本人と海外の方の2人連れだったなんてことはけっこうあります。
それなのに…日本人の英語すら耳に入ってこない…本当にまずいです。
ということで何ヶ月あいたんだ?と自問。
たぶん、半年ぶりです。
とにかく、時間をつくって会社の近くの英会話カフェへ。
今回のネイティブさんはアメリカ人の若い女性ー話題がテレビばっかりで、どう話をつないだらいいのか考えてしまいました。
ききとれないし(涙)。
春なので、スクール案内がやたらと目につきます。
バレエのお稽古確保するのに苦労しているのだから、もう1つ習い事というのは、今きついーどうしたものやら。
英会話カフェではにこやかに必死でした。
半年ぶりの私でも一応歓迎してくれるお店で(お店によっては初心者ダメのところもある)、雨のせいか人が少なくて、助かりました。
ネットでレベルと値段を確認して行けば、まぁ大丈夫でしょう。
最初に行ったときには勇気が必要でしたが、今は、行ったことのあるお店なら思い立ったら行けそうです。
今のところ、受付から英語だったお店は1軒だけでした。
会社の近くだけでなく、自宅の近くにもあればいいのに。
でも、スクールは今も検討中です。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。