So-net無料ブログ作成
検索選択

英語で文句をいう [現在のお稽古・英会話]

クレーマーというわけではない…つもりです。
問い合わせをして、参加した「説明会」が、ネイティヴスピーカーによる体験レッスンだったのです。
しかも、説明会は1時間との話だったのに、用事がある、と、1時間を少し過ぎて日本語で言って去った人まで出て、講師を見ると、講師は講師で「早退はいいけど、90分のレッスンをするように言われているから続ける」と英語でおっしゃる…。
あーあ、昔、レストランなどで寒いから冷房を弱めてほしいとか注文と違う料理が来たとか、失礼にならないように言うっていうレッスン受けたなぁ…などと思いながら、今日は説明会だときいてきてると言ってみました。
言い方が失礼だったかどうかなんてわかりません。
が、講師も気の毒です。
講座紹介のチラシもサイトも日本語です。
おまけに60分を過ぎていることに気づいて様子をみにきた事務の人が、英語を話さない!
とりあえず、生徒の私たちが英語できかなきゃ話が進まない!
「今日は説明会だときいてきた」には、なら、質問があればどうぞとのお返事。
それなら…と、レッスンのスタイルを確認することにしました。
チラシなどには予習可能とあったので、教材をレッスンより前に入手する方法も質問。
語彙力がダメダメな私には大事なポイントです。
チラシには教材そのものは講師が配って、コピー代実費みたいに書いてあったので、前のレッスンの最後に次回分配るのかな?と思ったら、Webと紙(紙の方は有料)での入手方法を説明されました。
うーん、伝わるように英語でクレームを言うって、難しい…。
何より、会話のクラスなのに、リーディングがメインのレッスンの組み立て、レベルや教室でのルール(日本人同士で日本語で助けたりしてもいいのか?講師はどの程度なら日本語を理解できるのか?辞書を自分で使っていいのか?など)の説明もなし。
これをテキパキ指摘する英語力は私にはないです。
ロールプレイで私と組んだ相手はかなり簡単な文法ミスを繰り返していて(多分、自分のミスに気づいていない)、日本語で助けを求めたがっていた様子でした。
講師が去った後、事務の人が、受講可能性をきくので、講座紹介と実態とがあまりに違い、「説明会」なのに説明が不十分で判断できないという内容を丁寧な日本語で(笑)言ったら、参加者一同、似たようなことを言い出しました。
話をきいたら、事務の人と講師の派遣元の人との打ち合わせでは、チラシ通りのレッスンにすることになっていて、60分の説明会であることも連絡済みだったとか。
それが講師まで伝わる間に、まず、講座のあり方がどこかへ消え、さらに90分のトライアルということに変わってしまったらしいー講座企画者!講師ときちんと英語で話しておいてくれ…。
とりあえず、もう1回、無料の説明会をやるということで話がつきました。
講座説明のチラシを英訳する暇、あるかな?
今度、話が違ったら、丁寧な英語で指摘できるといいのですが(日本語のときにも、クレームは、丁寧な態度と言葉遣いで言う方が、結局、こちらの要求が通りやすいと思いません?)
どの受講者が残って、どんなレッスンとなるのかについて十分な情報を得られるのか?
会話のレッスンはほかの受講者のレベルや話題選びも、クラスの流れを決める要素になるので、今度こそ、きちんと見極めたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。